照射による肌ダメージと炎症

トップページ > 全身脱毛を成功させるための手引き > 肌が弱い人が全身脱毛をする場合

肌が弱い人が全身脱毛をする場合

肌が弱い人は脱毛の影響がかなり気になりますよね。いくら光脱毛が低刺激とはいっても、毛根にダメージを与えるものなので、そのダメージによる炎症などは、心配だと思います。

一生続ける自己処理の方が肌へのダメージは大きい

まず知って欲しいこととして、自己処理を続ける方が、肌へのダメージは大きいということです。特に肌が弱い人にとって、カミソリを当て続けるということは、小さな炎症も繰り返していることになります。

これを継続してしまうと、肌のキメは崩れ、乾燥しやすくなってしまいます。また、部位によっては黒ずみなどの原因にも。肌が弱いのに、ムダ毛処理が欠かせないという人こそ、真っ先に脱毛を受けるべきだということです。

肌が弱い人はエステサロンを選ぼう

光脱毛なら肌へのダメージを最小限に抑えられる

エステで主流になっている光脱毛は、刺激が少なく脱毛効果の高い方法として人気です。肌が弱い人は、この光脱毛という方法を選ぶことで、最低限のダメージで脱毛を行うことが可能です。

逆に、クリニックで採用されている医療レーザーや、毛穴に針を入れるニードル脱毛は、敏感な肌にとってはダメージが大きいため注意が必要です。

アフターケアが充実している

肌の弱い人にとって脱毛後のアフターケアも非常に重要です。炎症箇所を冷やし、しっかり保湿してあげることで、ダメージによる肌荒れは最小限に抑えられます。

そういった意味でも、エステでの脱毛がオススメ。クリニックの場合、炎症を抑える医薬品のクリームを貰えますが、敏感肌の方だと、このクリームも肌に悪影響を与える可能性があります。

肌が弱い人は、冷却だけでなく保湿・美肌ケアのあるエステを選びましょう。

それでも一時的な炎症は起こる

低刺激の光脱毛で、アフターケアをばっちり行っても、一時的な炎症は起こります。こればかりはどうしようありません。

脱毛開始直後が最もダメージが大きく炎症を起こしやすいです。目立たせたくない人は、肌の露出の少ない秋冬のタイミングで脱毛を始めると良いでしょう。

次のページでは、経験者が感じた脱毛期間中に困ったことや不便に思ったことを紹介しています。

Copyright (C) 2013 全身脱毛ランキング!人気エステの口コミ徹底調査【脱毛データ】 All Rights Reserved.